制限時間内にプレイするコツ【ハースストーン バトルグラウンド】

テクニック

酒場フェイズでの制限時間はできることが多くなる中盤以降は不足しがちです。頭でやることが決まっても操作が追いつかず、ミニオンを買えずにコインを無駄にしたり、ミニオンを出しきれずに戦闘フェイズに入ってしまうことはあります。効率良く制限時間内にプレイするコツをまとめました。

最初に制限時間を確認する

雇用フェイズでの制限時間は、経過ターン・ロビーの進行状況により変化します。序盤で30秒のときもあれば終盤で90秒近くのときもあります。30秒であれば多少プレイの質を落としても急いで操作せねばなりませんし、90秒であれば、焦らずにじっくりと考えてプレイできます。そのプレイ速度を最初に決めるために、まずは制限時間を確認しましょう。

次の対戦相手をスコアボードで確認する

次の対戦相手のヒーローと種族構成をスコアボードで確認します。《大悪党ラファーム》《ネファリアン》のような要注意のヒーローであればその対応した配置が必要になります。また種族構成から相手の部隊の予想がつき、それに応じて必要なミニオンや配置が分かりますので、そのターンのプレイのヒントになります。

また、誰かが死んでロビーの人数が奇数になっている場合、すでに死んでいる人(ケルスザード)との対戦になる場合があります。いつ死んだかによりますが基本的には弱いので、長期的な視点を重視して酒場グレードを上げたりするチャンスです。相手が死体なのに無駄に短期的な視点でのプレイに走ったりしないように注意です。

死体との対戦については以下で詳しく書いています。

死体を利用してきつい戦いをひっくり返そう【ハースストーン バトルグラウンド】
劣勢のプレイヤーは既に死んだプレイヤー(死体)と当たりやすいです。死体は弱いので、マッチングしたターンは反撃の起点になります。つまり劣勢になることに不安定ながらもメリットはあり、立ち回りに影響するの...

配置の修正を先に行う

前のターンに時間が足りずに正しく配置をできていない場合があります。そういう明らか間違った配置の修正は、ターンの最初に先に済ませます。プレイについて考え出すとキリがなくなる(いくらでも深く考えられる)ので、先に行うべきことを行ってから時間が許す限り考える方が計画的です。

トリプルを組むかどうかの判断は早めにする

トリプルを組んだ時、長いエフェクトが発生します。そこから報酬の「発見」カードを使用してミニオンを選択し、それを配置してその効果でさらに「発見」になったり(《温厚なメガサウルス》など)と、かなりの時間がかかります。

トリプルを組む時は大抵、「次のターンに酒場グレードを上げてから組む」か「今すぐ組む」かの判断で迷います。この時に悩んだ末に「今すぐ組む」場合に時間が足りなくなりがちです。というのも「今すぐ組む」場合、残りコインが多いときがあり、トリプルの操作が終わったあとでうまく使いきれない事態になったりするんです。こうなるとロスが大きいので、とにかく早めにどちらかに決めるべきです。

エフェクト中の隙間時間を有効利用する

トリプルを組んだり「雄叫び」ミニオンを配置したりした時のエフェクト中の隙間時間を有効活用して、他の操作をできます。配置の修正や、スコアボードの確認など。一瞬ですが、細かく操作を挟むことで時間を稼げます。

最初からミニオンを正しい位置に配置する

適当な位置に配置して後で修正しようとすると二度手間になります。最初から正しく配置しておけば、その分を他の時間を割けます。基本的に雇用フェイズでは、バフミニオンを買って既にいるミニオンを強化して売るという行動を繰り返します。コインが尽きてプレイがなくなり、バフミニオンを売らずに戦闘フェイズに参加させることになった場合、そのミニオンは大抵左端に置いて「聖なる盾」剥がし要員にするか、「挑発」の隣に置いて相手の横薙ぎ攻撃に対する緩衝材にします。酒場でミニオンを買ったり売ったりする段階からそこに配置しておけば戦闘前に修正する必要がなくなります。

凍結は先にしておく

酒場のミニオンを凍結するか判断するのは、残りコインが少なくなってプレイの選択肢が限られてきている段階です。この時に凍結するかを検討しているなら、ミニオンの配置などを行う前に先に凍結をしましょう。他のことをしだすと最終的に凍結し忘れてしまうことがよくあります。凍結は無料でできてキャンセルもできるので、凍結することになりそうな場合は忘れないうちにとりあえずやっておきます。ただし凍結する必要がなくなった場合、ターン終了前にキャンセルするのは忘れないようにします。

時間が足りない時

ミニオンの配置よりもリロールが先

時間がなくなりかけている状態でのプレイの順番についてです。1〜2コイン余っていて最後にリロールできる場合、手札のミニオンを配置するよりも先にリロールを行います。ミニオンを配置すると、長いエフェクトがかかる場合があります。特に「雄叫び」を持つバフミニオンに多い(《動物園ロボ》など)です。先にミニオンを配置するとその長いエフェクトが終わるまでリロールボタンを押しても酒場が入れ替わらないので、リロール後の盤面を確認できず凍結することもできません。1リロールの差の積み重ねは大きいので、「あ、やってしまった。まあいいか・・・。」とならないようにしましょう。

なんでもいいからミニオンを買う

どうしても時間が足りなくなった時は、なんでもいいのでミニオンを買いこみましょう。リロールしたり売ったりするのは時間がかかりますが、買う操作は先行入力気味に速くできます。不要なミニオンを買うので大損ですが、次のターンに1コインとして持ち越せるのでそのまま捨てることになるよりはマシです。最終手段ですね。

タスクキルを行う

雇用フェイズの残り時間が25〜30秒(使用しているパソコンのスペックによる)の時にクライアントを落として再起動することで、戦闘フェイズ終了後の次の雇用フェイズに入った状態でリスタートできます。これを行うと戦闘フェイズを見れないので相手の部隊や配置の情報は分からなくなる代わりに雇用フェイズの制限時間が長くなります。通常90秒程度のところが120秒程度になったりします。

これを行うのは、主に《カドガー》や《ブラン・ブロンズビアード》とトークンミニオンを組み合わせたコンボで大量のトリプルを組むプレイを行う時です。このプレイはマシンガン型の悪魔部隊を組んでいる時など、そのままでは上位のプレイヤーに勝てない場合、マーロック部隊などに急遽変更するために行います。操作量が膨大であり、普通に戦闘フェイズを見てからの90秒程度の制限時間では時間が不足するため、タスクキルを行います。

コメント