のどかで小さな酪農の地、丹那盆地においでよ【伊豆サイクリング】

伊豆サイクリング

サイクリングが趣味で伊豆半島を走り回っていて、伊豆の色んな場所・全ての町に行きましたが、その中で一番お気に入りなのが丹那盆地です。サイクリングに出かけたら伊豆半島を適当に周り、最後は丹那盆地に寄って町を一周してから帰るというパターンが多いです。完全に丹那盆地ファンです。それほど愛してやまない丹那盆地の魅力を、サイクリングしながら撮った写真とともに紹介します。

丹那盆地は、伊豆半島の付け根にある函南町の一部です。丸い形をした盆地で、外周に住宅があり、中央には田んぼや畑があります。酪農が盛んで丹那牛乳の工場があり、そこが営業する酪農王国オラッチェがあるだけ。特に有名な観光名所はありません。最寄りの函南駅からのアクセスが悪く、徒歩の場合はタクシーが必要です(盆地自体は小さいので、徒歩でも十分に周ることはできます。)。伊豆にサイクリングに来る方は、西伊豆スカイラインなどがメインで、丹那盆地に目を向けることはあまりないかもしれません。

しかしここには強く惹きつけられる魅力があります。山に囲まれ世間から閉ざされた盆地という環境。のどかな田園風景と牛たち。どこか懐かしさを感じる住宅がいくつか。中央にある小さな森、町の中にある木々や小川。そこでは田舎に暮らしている人達の何気ない日常、四季折々の風景が垣間見えます。それを見ているだけで心が和み、いるだけで心地良いんです。

また、丹那盆地は「絶対少年」というNHKの癒し系アニメの舞台でもあります。丹那盆地に興味が出たら、ぜひ見てみてください。より一層丹那盆地を楽しめますよ。モデルになった場所も味があって良いので、一緒に紹介します。

絶対少年|NHKアニメワールド
「絶対少年」とは、光の妖精たちに導かれる少年・少女たちの物語。

丹那盆地に行くルートはいくつもあり、箱根方面・熱海方面・沼津方面・韮山方面の東西南北からアクセスできます。また、標高350mほどの山に囲まれているので北からのルート以外はそれなりに登ります。今回はJR函南駅スタートの西からの険しいルート(地図上の上から)です。勾配の緩いルートは、下側の県道11号(地図上の下側、今回は帰りに使った道)です。

韮山方面から南箱根ダイヤランド経由で行く道については以下で書いています。

見ているだけで楽しい別荘地、南箱根ダイヤランドを巡る【伊豆サイクリング】
伊豆の函南町にある南箱根ダイヤランドという別荘地を通る道を紹介します。この道は富士箱根カントリークラブと丹那盆地の間にあって、南側から行くなら、韮山峠を登った先にある下り道になっています。Googl...
JR函南駅をスタート。

高架下をくぐってすぐの交差点を右折して冷川を渡ります。ちなみに直進しても別の険しいルートで丹那盆地に行けます。

9〜12%の勾配。

ここは富士山が見えることもあります。

老人ホームが見えたら一旦平坦に。

ルート的には右折ですが、一旦直進でゴルフ場に寄り道。

南国風の12%の坂。

かんなみスプリングスカントリークラブ。このまま先に進むとぐるっと回って函南駅まで行けますが険道。Uターンして戻ります。

空が広いです。この辺りから丹那盆地方面へ抜ける道は険道なので、先ほどの分かれ道まで戻ります。
分かれ道にもどって右折。10%の登り。

この交差点は右折すると険道なので、左折。

その先の左カーブの部分で、道から外れる狭い道を直進。
右折。

左折して丹那盆地へ。

酪農王国オラッチェ。ここのソフトクリームは絶品。

酪農の町です。カメラを向けるとみんな目線をくれます。

「深山商店」のモデル。外周を周ります。

盆地なので山に囲まれています。

秋を感じます。
絶対少年でよく出てくる交差点。

丹那断層という断層の勉強ができます。

ここを右折して高い所から盆地全体を見に行きます。
作中で出てくる場所。
「たっくん」の家。
「須河原さん」が寄っていた定食屋さん。

「うんの」がいたバス停。

何気ない民家に和みます。
木々の変化にも四季を感じます。
盆地を囲んでいる山々。
盆地中央の十字路からのパノラマ。
正面右手に見えるのが、「頭屋の森」。
県道11号から大場方面へ。県道11号は丹那盆地の上側と下側に2つあってややこしいです。

丹那盆地はこんな感じののどかな所です。今回は国道135号を下って帰宅しました。三島からの往復だけでも、獲得標高600mほどなので良い運動になります。

丹那盆地は良いぞ〜。一度おいでよ。

コメント