必要なミニオンを取りに行く悠々とした戦い方は1位を取れる

テクニック

トリプルからの「発見」のグレードは、残り体力から判断するのではなく、救ってくれるミニオンから判断する方が良いのでそのことについて書きます。それ以外にもいくつかTipsを紹介します。

必要なミニオンを取りに行く悠々とした戦い方は1位を取れる

トリプルからの「発見」は、自分を救ってくれる、必要なミニオンを選ぶべきです。負けそうだからグレード5、余裕があるからグレード6、などといった体力から判断するべきではありません。どうしようもないグレード5を「発見」したら本当に死にます。「必要なミニオンを取りに行って、死んだら死んだで仕方がない。」と死なない可能性がある方・進むしかない方に機械的に進む、そういったさっぱり・悠々とした戦い方は勝てます。綺麗にデッキを回すような戦い方です。そうするとこういった1位を取れるスタッツが大きくなる強い方向性を目指せます。

9コイン目にグレード6「発見」。エネルギーを貯めてスパイクしたゲーム。
高い体力から9コイン目グレード6「発見」。エネルギーを貯めている間に2回程ダメージを受けましたが逆転できました。

体力や負けることを気にして、低いグレードで弱いミニオンをこねくり回すような戦い方はレートが上がりません。こういったプレイをしている側から悠々としたプレイをしている人を見るととても強い盤面で、為す術もなく負けます。悠々としている側になる方が良いです。生き残るのに必死になって気付けば弱いテンポ部隊ばかり組んでいる状態にならないこと。勝負に行かないと逆にどうしようもない盤面になって死にます。本来取れる分も取れずに負け続けて、スコアは「3、4、3、4、8、8、8」と言った感じになります。常に勝てず、引きが悪い時も当然負ける形。

《チップ欲しガール》はメカキルボアロビーで特に良くない

単独8位を取った盤面。

グレード3が強いメカキルボアロビーでは、グレード上げに向いている《チップ欲しガール》は嚙み合いません。しかもクエストとの相性が悪いのでこの環境では良くないミニオン。

1ターン目に《チップ欲しガール》が2体見えてそこからジーフカーブ。8コイン目にグレード4に上げずに盤面を埋めましたがどうにもぎこちない盤面で、かつメカキルボアを組み始めるには遅い状態です。これでずっと負け続けました。

どの相手も序盤から終盤までクエストを活かしつつ積極的にトリプルを組んでいて強いです。そもそも《宝石割ルボア》《地響き使い》部隊を組まれているところをほとんど見ません、それ以外が多いです。というより中盤あたりはミニオン単体で強さを維持していて、特定の方向性に進んでいるような人をあまり見ません。《ブリストルバックの無頼漢》《白いクロコリスク》などを単独で使っているんです。クエストがある以上そこまで方向性に拘らなくても良いですし。

間に合わないクエストを無理に進めてはいけない

間に合わないクエストを無理に達成しようとしても死ぬのでそれはするべきではありません。例えばクエストの達成だけのためにミニオンを買ったりする動きです。2~3体であれば良いかもしれませんが、膨大な数になるととても体力が持ちません。その場合はテンポの維持のためにクエストはいったん置いておいて普通にプレイをして、そうしているうちに達成できれば利用します。

間に合っていないクエストです。

クエスト達成は無視してグレード6に「発見」。見つかれば生き残れるミニオンがいる、それを見つけなければ死んでしまう、となればそれに進む他ありません。

その後もクエストを使わないこともあり得ます。盤面が最も強くなるようにプレイするのが目的。クエストを使って盤面が強くなるなら使う、使わない方が強くなるなら使わないだけです。

《海の荒くれ》コンボでは、《悪辣提督イライザ》をトリプルしない方が良い

海の荒くれ
悪辣提督イライザ
こうなるとこれ以上ゴールデン《悪辣提督イライザ》を増やせません。

《悪辣提督イライザ》が2体いるなら、それはそのままの方が良いです。トリプルすると《二本牙のトニー》でゴールデンを量産できなくなるからです。ですのでグレード6でトリプルを見つけても組まずに飛ばして、リロールして《二本牙のトニー》を探す方が良いです。そもそもグレード6に上げずに《二本牙のトニー》を探してグレード5でハードリロールする方が良いかもしれません。

こういった盤面になるのが理想です。こういう完成系になっている人は大抵グレード5をしっかり回っています。

序盤で巨大なミニオンができたら、それに「挑発」を付与して相手に大ダメージを与える

大きな「挑発」の後ろに小物を隠せば、相手に大ダメージを与えられるのでそのチャンスを逃さないようにしましょう。相手の大きな「聖なる盾」アタッカーが出現する前の早い段階、7~8コイン目あたり。《ダンシン・ダリル》でよくあります。それ以外では《憤怒の織屋》を使っている時など。こういった序盤から大きなミニオンを作る動きをしているということはアグロな作戦であることが多く、そうであれば一層大切です。

コメント