レートを気にせず楽しく遊ぼう【ハースストーン バトルグラウンド】

その他

レートを気にしているとストレスを感じたりします。レートを気にしなければ、ゲームの楽しさを感じながらポジティブな精神状態で楽しく遊べますので、その方法を紹介します。

レートを気にしていると疲れる

レートを気にしていると、負けてレートが下がる時・勝ってレートが上がる時、どちらの場合でも精神を消耗します。

負けてレートが下がる→早く取り戻したくて楽しめなくなる

負けてレートが大きく下がると、なんとか元に戻したくなります。負けによるストレスも合間って、「早く元に戻したい、早く勝ちたい。マーロックでもビッグデーモンでも何でも良いから、良い引きをして簡単に勝ちたい」などと考え始めます。これは結果を先走って得ようとしている姿勢で、ゲームで大切なじっくりと考えて道筋を大切にする姿勢が失われています。プレイする目的が「レートを戻すため」になっているんです。ゲームをやり始めた理由は、「面白いし楽しいから」であるはずなのにそれを感じる余裕がありません。こういった精神状態ではさらに負けやすくなり、楽しくないストレスを増幅させる時間となります。ポーカー用語ではティルトとも言います。

【ゲーム】もっとプレイしたければやめるべき、プレイしたくなければ続けるべき【ティルト対策】
ハースストーンなどのゲームでは、精神状態が結果に影響を与えます。集中力があって冷静に最善の一手を打てる状態が理想です。実際にゲームをプレイしている時、精神状態によってプレイを続けるかやめるかを判断で...

勝ってレートが上がる→プレイするのが怖くなる

逆に連勝で大きくレートが上がると、負けてレートを失うのが怖くなってプレイするのをためらったりします。連敗でレートを落とす時の辛さを体感しているため、それが来るのが怖くなるんですね。ずっと勝ち続けることはないので、いつか負けが来るのは間違いないわけですから。ただそうやってプレイしないとプレイ時間(=トレーニング時間)が短くなり下手になっていきます、そうすると当然負けやすくなります。ゲームは筋トレにようなものなので常に鍛えないとどんどん弱くなっていきます(特にバトルグラウンドでは思考の瞬発力が重要で、これはプレイ時間が物を言います)。負けるのを恐れるあまりにプレイしないと、本当に負けるようになるんです。なのでプレイしたくない時こそ、プレイするべきなんです。自分の気持ちに抗って行動するのは大変ですね。その「プレイしたくない」という気持ちはレートを気にしているから起こるものです。

レートを気にしない

レートを気にするから精神を消耗するわけなので、全くレートを気にしないようにします。つまり勝っても負けてもレートの上下変動を見ないようにし(結果の順位だけはスコアボードで見ます)、プレイボタンを押す画面でも見ないようにします。操作としては、試合が終わったらクリックを連打してすぐにプレイボタンを押す画面に戻ってそれを即押します。こうして自分のレートを全く把握しないことで、レートから解放されます。

加えて、以下のような考え方を持つことでレートを気にせずに楽しく遊べるようになります。

勝つこともあれば負けることもある

どんなに強いプレイヤーでも周りのプレイヤーが強かったり戦闘での当たりが悪かったりして運の悪さが重なれば負けることはあり、それが連続することもあります。どうしようもない試合は何試合かに一度あります。もちろん逆に運が良くて簡単に勝つ試合もあります。なので負けてイライラしたり勝って臆病になったりした時は、「だから、勝つこともあれば負けることもあるんだって」と考えます。

大切なのは、勝っても負けても同じような精神状態、フラットな状態でいられることです。道筋を大切にして最善を尽くす姿勢を保てているかどうかです。一種のメンタルトレーニングのようなものです。試合の結果は勝手に発生するものなので重要ではありません。結果ではなく「最善を尽くせたか」そこだけをチェックしましょう。

ただ連敗によって何か胸にムカムカしたものが溜まってきたと感じたら、一旦休みましょう。精神をコントロールするのに疲れてきている状態です。早くレートを取り戻したいのに一時的に逃げるというその行動を取ることすらストレスに感じるかもしれませんが、落ち着いて休む選択肢を取れるのも強さです。

レート自体に価値はない

運が悪くて負けが重なることはどんなに強いプレイヤーにもあるので、レートが低いからそのプレイヤーが弱いとは言えません。レートが低くても強い人は強いままです。丁寧なプレイを心がけている人はいつだって手強いです。

レートはそのプレイヤーの行ってきた結果の一部を表しているだけです。それが全てではなく、結果を先に目指すのでは順序が逆です。あくまでその人のプレイ・考え方・姿勢があって、その結果の一部として表れるだけのものです。だから丁寧な考え方さえ大切にできていれば、レートは勝手についてきます。もしレートが下がったとしても、それはそれで自分の実力の一部が出たというだけなので特にストレスを感じる必要はありません。

大切なのは、遊び続けること

もしレートが上がってプレイするのが怖くなった場合。プレイしなければ下手になっていくので、プレイした方が良いです。なのでそれで負けてレートが下がったとしても、良く頑張ったと言えます。挑戦して戦ったんですから、それだけで十分、戦うことに価値があります。臆病になってチャレンジしないよりも恐れずに戦う方が格好良かったりもしますし、自分を褒めてあげましょう。戦うというよりはただのゲームなので遊びですね。ゲームの楽しさを感じながら、最善を尽くす遊びです。

コメント